福津市まちおこしセンター 「津屋崎千軒なごみ」

お問合せ
東郷平八郎元帥の直筆

掲載日:2017年04月30日(日)

東郷平八郎元帥の直筆を、なごみの天井に ぶら下げてみてもらう企画(?)というわけではなくて、 11Mの掛け軸をぶら下げるだけの高さがなかった、という わけで、いろいろ考えたけれどもこれしかなかったのです。 途中、青竹で支 […]

津屋崎の組木人形そして人形

掲載日:2017年02月20日(月)

津屋崎の組木工房から 生まれる組木人形の 魅力は・・ 木の素朴な肌合い・・         絵付けの色の優しさ・・ ほのぼの感・・ そしてまた 人形

福津の糸まり祭り

掲載日:2017年02月06日(月)

福津の糸まりが 華やかに集まります。 3月3日の雛祭りまで なごみ館内を にぎわして くれます。        

売れてます!カシミヤのストール

掲載日:2017年01月23日(月)

寒い日が続いていますが、いかがおすごしでしょうか? まちおこしセンター津屋崎千軒なごみ では、カシミヤ100%のストールを 格安価格で販売しております。 温かい!手触りがとても良い! 色合いが素敵! 贈りものに最適! と […]

権中納言藤原敦忠

掲載日:2017年01月16日(月)

【伊勢の海千尋の浜に拾うとも 今は何てふ貝があるべき】 彼女が伊勢の斎宮になられた今は どんなに求めても何のかいもなく むなしいことです。 雅子内親王が斎宮になられた翌朝 詠んだ歌。・・みれん!

源宗千朝臣

掲載日:2017年01月16日(月)

【常葉なる松の緑も春来れば 今ひとしおの色優りけり】 官位が上がらないことを宇多天皇に 唄でうったえたこともあるが、 天皇には伝わらなかったという。 残念! ”ダメな子”  

藤原清正(きよただ) 

掲載日:2017年01月15日(日)

【天つ風ふけひの裏に居る田鶴の などか雲居に帰らざるべき】 『大空に風が吹くように、ふけいの浦にいる鶴が どうして風に乗って大空に飛び帰らないことが あろうか』 (再び昇殿を許されないことがあろうかの意味)

新春大正琴ひまわり演奏会

掲載日:2017年01月09日(月)

独特の大正琴に 合わせて皆さん の歌声が新春の なごみの天井に 響き渡りました。

昭和ロマンを歌おう!歌声喫茶増刊号

掲載日:2016年12月18日(日)

今年最後の歌声喫茶は、 独特の雰囲気で始まりました。 唄はみんな昭和歌謡。 ボーカルのお二人のリードよろしく 何と、26曲を連続で歌い切りました! バックはスタッフ苦心の演出が??

津屋崎港の夕日の道!

掲載日:2016年12月05日(月)

  なごみから海に向かって 1分歩く 津屋崎の港に沈む日は 遠い昔がにじむよう 島影に向かう 夕陽の道    

1 / 3123